このサイトについて

通常クレジットカードとは個人が所有し、個人の商品購入のために使用するものですが、それとは別に企業で社員用に使われる法人カードというものがあります。

使い方は通常のクレジットカードと同じですが、通常のクレジットカードが個人の自費で支払うのに対して、法人カードは社員が使用し、経費として支払いは会社が行います。

この法人カードを社員に配り、社内の出張費や備品購入などを法人カード一括で行わせることにより、精算処理の段階で余計な手続きを省き、経理作業の手間を軽減させることができるのです。

社員も出張の時など、法人カードを持つことによってキャッシュレスで商品を購入できるので、手軽に、効率的に仕事が行えるのです。
 

法人クレジットカードの基礎知識

個人でクレジットカードを作る際には必ず審査があり、その人の口座の状況や、収入などが調べられ、その後カードが発行されます。 当然これは法人カードにおいても同じであり、その法人(会社)の経営状況、代表者の収入などが審査の対象になります。 カード会社としては、起業したてで大して利益を上げていない会社や、まして倒産するかもしれない会社にクレジットカードを発行するわけにはいきませんので、当然審査は厳しくなります。なにせ社員一人一人がカードを使用すれば、トータルでは相当な金額になるからです。法人カードの審査

法人カードを選ぶポイントはいくつかありますが、一番大事なのは自分の会社にあったカードを選ぶということです。 例えばコーポレートカードなどは使用限度額も高く、多くの枚数を発行できますので大企業などにはおススメですが、同時に年会費が高く、それ以前に審査基準が高く、中小企業や起業してさほど経っていない会社ではカードを発行してくれないことがあります。 そのため、中小企業などの会社にはビジネスカードがおススメです。ビジネスカードはコーポレートカードよりも審査基準が低く設定されており、比較的簡単に審査をパスすることができます。(ただし発行する枚数に制限があり、使用限度額もコーポレートカードより低くなります。)選び方

法人などの社員に対して発行されるクレジットカードである法人カードの年会費は、ピンからキリまでありますが、安いものではおおよそ10,000円〜で、高いものになると30,000円ほどのものになることもあります。 一般のビジネスカードか、それとも大企業、官公庁用のコーポレートカードかどうかでも違いがあります。当然コーポレートカードのほうが年会費は高くなります。(そのかわり、限度額増加などの利点も多くあります) 零細企業や中小企業もカードを利用するため、カードの機能やサービスも企業のグレードに合わせて、カードの種類も多くなり、それによって年会費も様々です。 会社の経費を抑えることを考えれば、安い年会費のものを選びたいですが、年会費の高いカードには、当然それなりのサービスや機能が付いてくるので、どのカードが一番会社にとって特になるか良く検討したうえでカードを選ぶのが良いでしょう。年会費


最新の情報

法人カードを選ぶ時のポイント  更新日:2013/9/6
法人カードの知っておきたい情報  更新日:2013/9/6
利用規約/免責事項  更新日:2013/9/6
個人情報保護の方針について  更新日:2013/9/6
サイト運営者案内  更新日:2013/9/6


法人カードランキングと口コミ

法人カードの知っておきたい情報